【クイズ第3弾】どっちのお酒のカリウムが少ない?

今日は「飲酒の日」! なんでも、酒をこよなく愛した歌人・若山牧水の誕生日にちなんでいるとのこと。「白玉の歯にしみとほる秋の夜の 酒はしづかに飲むべかりけり」と詠んだそうです。しづかに、飲むべかりけり。わりとうるさく飲む方なので反省。

「飲酒の日」なので、今日はお酒のカリウムについて。お酒を飲むときにはカリウムなんて気にしたくない〜と思う気持ちもわかりますが、気にしておくとメリットいっぱい。なぜって、飲むお酒によってカリウム量にけっこう違いがあるからです。「カリウム控えたいけど酔っ払いたい。だったら飲むのはコレ!」って決められれば、飲みやすくなりますよね!

とはいえ、みなさんけっこう知っているのでは? ということでおさらいを兼ねてクイズ形式にしました。

第1問 カリウムが少ないのはどっち?

清酒(=日本酒)/1合180ml と 白ワイン/グラス1杯80ml

答えを見るには、画像をクリックしてください。

第2問 カリウムが少ないのはどっち?

発泡酒/350ml缶 と ビール/350ml缶

答えを見るには、画像をクリックしてください。

第3問 カリウムが少ないのはどっち?

ロゼワイン/グラス1杯80ml と 赤ワイン/グラス1杯80ml

答えを見るには、画像をクリックしてください。

第4問 カリウムが少ないのはどっち?

紹興酒/100ml と 焼酎/100ml

答えを見るには、画像をクリックしてください。

第5問 カリウムが少ないのはどっち?

ジントニック/グラス1杯180ml と キール/カクテルグラス60ml
ヒント:ジントニックはジン1/4+トニックウォーター3/4が一般的、キールは白ワイン4/5+カシス・リキュール1/5が一般的です。

答えを見るには、画像をクリックしてください。

終わりに

透析患者さんにはカリウムの影響を受けやすい人と受けにくい人がいるようですが、どんな人でもカリウムを大量にとってしまうと危険。気持ち良くお酒を飲んだ後に高カリウム血症で救急搬送されたりするとショックなので、ちらりと頭に入れておいてくださいね〜!

参考:文部科学省食品成分データベースnutritionix、USDA