【低リン・時短レシピ】お昼ご飯にお手軽ビーフン! もっちもちな食感で箸がスイスイ進むよ!

簡単にパッと茹でられるビーフン。ご飯がない、パスタを茹でる時間も惜しいときに便利です。一度熱処理を行っているため、消化がいいのもうれしいところ。

ビーフンは米のデンプンを利用して作られていて、米よりもカリウムとリンが少ないので、透析患者さんにも食べやすい食材なのです。ということで、簡単に作れるビーフンレシピを紹介しましょう!

■透析患者さんにもオススメの「お手軽ビーフン」の作り方(2人分)

<材料>
・ビーフン 150g
・生姜(千切り) 少々(5g程度)
・豚ひき肉 100g
・さやいんげん 50g
・卵 1個
・長ネギ 50g 
・酒 大さじ2(36g)
・オイスターソース 大さじ1(18g)
・醤油 小さじ2(12g)
・ごま油 大さじ2(26g)
・胡椒 少々

もし可能であれば、自分でとった出汁を大さじ1加えてください。

<作り方>
1.たっぷりの湯にビーフンを入れ、袋の表示にある時間で茹で、ザルにとって水気を切る
2.生姜と長ネギは千切りにし、いんげんは熱湯でサッと茹でて斜め切りにしておく
3.卵を器に解きほぐし、酒/大さじ1と醤油/小さじ1を加えて混ぜる
4.フライパンにごま油を熱し、生姜、ネギ、ひき肉、ビーフン、酒/大さじ1、オイスターソース/大さじ1、醤油/小さじ1の順
5.卵を全体に回しかけて卵に火が通ったら、いんげんを散らしてできあがり

上記のようにした方が味のバランスがいいように思います。が、ぶっちゃけめんどくさい時は次のようにしちゃいます。

<作り方(手抜きバージョン)>
1.ビーフンを茹で、ザルにあけて水気を切る
2.生姜と長ネギは千切りに、卵を解きほぐし、いんげんは熱湯でサッと茹でて斜め切りにしておく
3.フライパンにごま油を熱し、材料を全部投入! よく炒めて肉に火が通ったらできあがり!

どうですか、この手軽さ。茹でたいんげんや長ネギは冷凍保存もできるので、時間があるときに自家製冷凍野菜を作っておくと、さらに手軽にできます!

■「緑黄色野菜はカリウムが高いから控えて」と言われても、食べないのはNG

透析導入時の栄養指導で「緑黄色野菜はカリウムが高いから控えて」と教わった人もいると思います。真面目な人は、全く取らない作戦に出ちゃうかも? そして食べる食材がどんどん偏っちゃうかもしれません。でも元気に生きていくためには、やっぱり偏りなく食べることが必要なんですよね。

さやいんげん1本はだいたい10g程度。秤なしで計算しやすいのもうれしい野菜です。

■「お手軽ビーフン」の栄養成分は?

<1人分の栄養計算>
(  )内は、平均身長172センチの透析患者男性の場合の1日の摂取基準量です。

エネルギー 630.5cal(1954〜2278.5Kcal)
タンパク質 18.5g(58.6〜78.12g)
食塩相当量 2g(6g)
カリウム 375mg (2000mg)
リン 190mg(878.9〜1171.8 mg)

1食換算はこれくらい。ランチにぴったりのレシピですが、カリウムやリンは控えめです。その分、晩御飯でしっかり普通に食べられます。

■終わりに

忙しいときにもちゃちゃっと作って食べられる「お手軽ビーフン」。春雨同様、ビーフンは透析患者さんの味方です。試して見てくださいね!

コメント

  1. maeda より:

    ビーフン、いいですよね!リン・カリウム低くてそこそこ高カロリー。

    ウチではタイ風ラーメンの麺として活躍中。
    スープはナンプラーと塩と水(湯)だけ、時間のある時は牛骨でだしを取ると最高!
    具はシンプルにもやしと牛肉。
    もやしは茹でずに湯通しして冷水にさらすだけ、シャキシャキ感命。
    パクチーあると本場感が出るけどカリウム劇高ゆえに控えめに。
    食べる前にレモン汁と砂糖をお好みで。

    以上、不詳maedaの10分クッキングでした

    • 編集部 より:

      maedaさん
      めちゃくちゃおいしそう!
      それ、量を測って計算して、
      レシピに起こして記事化していいですかー??? パクチー大好き!

  2. maeda より:

    もちろんいいですよー
    タイ風というか、ベトナム風というか、結構アバウトですけど

    • 編集部 より:

      ありがとうございます!!
      やってみて、計算して、またファンキー館で記事にしまーす!