【無塩&簡単料理】箸休めに最適。和食にも洋食にもいけるキャロットラペ

1日に食塩6g。これが透析の食事制限でいわれている数字です。これを守ろうとして全体的に食塩を減らすと、味が薄すぎて食欲がわきにくくなっちゃう。それよりは主菜には塩分を普通に使って、副菜には塩分を可能な限り使わないという作戦がおすすめです。

ということで、今日は無塩料理をご紹介。簡単に作れて和食にも洋食にも合わせられるキャロットラペです。

■無塩キャロットの作り方

<用意するもの(作りやすい量)>
人参 大1本(200g)
米酢 30g
オリーブオイル 10g
はちみつ 20g
レモン汁 20g
黒胡椒 少々(1g)

<作り方>
1.人参をスライサーで細切りにする(カリウム制限が気になる時はここで30分ほど水にさらす)
2.きれいな瓶やタッパーに1と材料を入れよく混ぜて1時間以上置く。
終わり!

■冷凍保存が可能です

できたものは4、5日で食べきることがオススメ。冷凍保存が可能なので、4、5日で食べきれない分は少しずつ小分けにして冷凍しておきます。いつも冷蔵庫の中にキャロットラペが入っていると、ちょっとした箸休めのおかずとして使いやすいので便利です。

■サンドイッチやマリネなどに使っても◎

そのまま箸休め的おかずとして使うのもいいですが、サンドイッチやマリネを作るときにも使えます。カリウム摂取量にゆとりがあるときは、アスパラを軽く茹でて薄く切って炒めたものを加えるのもオススメです。

■好みでアレンジしてみて!

薬の禁忌でない場合は、レモン汁をグレープフルーツジュースに変えても◎ はちみつや米酢、レモン汁のカリウム量は劇的に多いというわけではないので、好みで味を調整してみてください。少しゴマをふるのも良いアクセントになりますよ!

■栄養成分は?

<1人分の栄養計算>
作ったラペを2人で2日に分けて食べるとすると、栄養成分は以下のようになります。(  )内は、平均身長172センチの透析患者男性の場合の1日の摂取基準量です。

エネルギー 61.1Kcal(1954〜2278.5Kcal)
タンパク質 0.5g(58.6〜78.12g)
食塩相当量 0.05g(6g)
カリウム 147mg (2000mg)
リン 15mg(878.9〜1171.8 mg)

1食換算はこれくらい。人参を水にさらす場合、カリウムはもっと少なくなっているはずです。食塩相当量がほとんどないため、他のおかずに塩分を回せます。

■終わりに

このキャロットラペ、我が家では無塩ピクルスに並ぶ定番の品です。色が鮮やかだから、「ちょっと食卓が地味だわ」というときにもオススメです。試してみてくださいね!