【低カリウム】裏技使えば時短でカリウム控えめポテサラができちゃうよ!

ちょいと今日は朝昼にカリウムをとりすぎた! でも夜ご飯にポテトサラダがあるとばっちりなのにー! なーんてことありませんか? 私はあります。いや、正直言うといつでもジャガイモが食べたい芋ねーちゃんでもあります。

芋類は比較的カリウムが高いんですよね。ジャガイモの水煮は芋類の中では比較的カリウムが少ないものではあるけれど、それでも100gあたり340mgもあります。しかもジャガイモって中くらいのサイズ1個で100gくらいある…… 

カリウムを考えなかったとしても、ポテサラのためにジャガイモの皮むいて、切って茹でて、さらにつぶすって、むっちゃめんどくさいし!!!

……というジャガイモの難点を一気に解消する裏技を、今日は紹介しましょう。

■乾燥マッシュポテトを使うのだ!

その裏技とは、ズバリ「乾燥マッシュポテト」を使うこと。「乾燥マッシュポテト」は切ったり茹でたりつぶしたりという作業は一切なしで、お湯や牛乳を加えてぐーるぐるかき回すだけでマッシュポテトができる優れものなんです。最高! 

■マッシュポテトの栄養成分もうれしい!

製品にもよりますが、18gの乾燥マッシュポテトにお湯を82g注ぐとちょうど加熱したジャガイモ100gをつぶしたのと似たような状態になります。

その状態のマッシュポテトと、100gの加熱したジャガイモで比較すると……
ジャガイモをレンジなどでチンして加熱した場合は、カリウムは460mg、リンは44mgです。水煮のジャガイモの場合はカリウムは340mg、リンは25mg。対して乾燥マッシュポテトを使った場合はカリウムは220mg、リンは27mgに減るのです!

■少量でも作りやすいから「制限しなきゃ」って気持ちになりにくい

乾燥マッシュポテトのメリットはまだあります。ジャガイモを使ってポテトサラダやコロッケを作る場合、少量では作りにくいもの。ジャガイモの量が変わっても手間はそこまで変わりませんからね。でも乾燥マッシュポテトなら「ちょこっと作る」ができます。

■保存がききます

また乾燥しているから保存がきくのもうれしいところ。ジャガイモばかり食べるとカリウムが高くなる……と意識するあまり、せっかく買ってきたジャガイモの一部を冷蔵庫の中で芽吹かせた経験、ありませんか? 私はあります。でも乾燥マッシュポテトなら、芽吹かせることなく保管できます。

■ただし注意もあり!

ただし乾燥マッシュポテトを使う際には、ちょっとだけ注意があります。それは、単にジャガイモが乾燥されているだけではないということ。いろいろと添加物が入っていたり、味がついていたりする製品もあるのです。塩分が増えてしまったら残念なので、調理の際にはちょっと味見して、調整してください。

■一押しはコストコのクリーミーマッシュポテト

私の一押しはコストコのクリーミーマッシュポテトという製品です。ジャガイモとバターと食塩のみが原料というシンプルさ。しかも安い! 8人分1袋になった小袋が14袋も入って1548円というコスパの良さ。リン量の記載はないのですが、カリウム量は上記と同程度です。

■終わりに

カリウムが少し減らせるとはいえ、「低カリウム野菜」のような劇的な減り方ではありません。食べすぎればもちろんカリウムが上がります。でも、カリウム対策に茹でこぼしなどを頑張っている方は、知っていて損はないはず。何より、調理が楽ですしねー!