【透析エロス部2】透析と性生活ってけっきょくどうなの?理由編

「透析患者の性欲は下がる」とか「透析患者はタタナイ」とか、そういった性にまつわる話はググるとたくさん出てくる。前回の「【透析エロス部1】透析と性生活ってけっきょくどうなの?回数編」では、男性を対象に健康な人と透析患者の回数の差を調べてみた。今回はその理由を探る。

ただし、編集部メンバーは全員医学に関してはシロウト集団である。参考にしたものは記事の最後につけておくので、もし記事に「ほんとかいな」と疑問をお持ちになった貴殿・貴女は、ご自身の曇りなき眼でご確認いただきたい。

■透析患者の回数は少ない

前回の記事では、男性透析患者の性交渉の回数が健康男性と比較して少ないという結果を紹介した。俺の実感としても、透析患者の性交渉の回数を見る方が自分の感覚に近い気がした。では、なぜ回数が少ないのだろうか。

■参考にした研究

今回も「男性透析患者の性機能の研究-勃起障害の原因分析-(札幌医科大学医学部泌尿器科学教室・鈴木伸和、熊本悦明、1995年)」を参考にした。ただし、研究はすごく古い。新しいものは見当たらなかった。この研究の時点から透析機器や条件はかなり変わってきていることを、心の平穏のためにも意識しておきたい

■研究対象と目的

この研究は20代から70代の透析患者男性205例を、健康男性3462例と比較したものだ。透析患者の中から糖尿病症例と重度貧血症例は除かれている。除外理由は、純粋に「透析による影響」を調べるためだ。

加えて透析患者男性205例は全員、一応の社会生活を送れる程度の透析管理がなされていて、かつ妻やパートナーがいる人たちという前提がある。

■紙調査だし、病院単位だし、見栄もありそうな……

調査方法は紙アンケートだ。複数の病院に依頼して調査している。提出方法がどういうものだったかはわからないが、質問がかなりあけすけなので、見栄をはってちょっと盛って回答しちゃっているかもしれないなとも、正直思う。まあ、紙アンケートってそういう難点はあるよな。

■性欲の状況

性欲についての研究は「性的な絵や映画を見て興奮しますか」「女性に性的な雰囲気で体を触られるとセックスしたくなりますか?」の2つの質問に対して、「極めて興奮する(セックスしたくなる)」を5点、「かなり興奮する(したくなる)」を4点と考えていき、「全く興奮しない(したくならない)」を0点として答えるという調査で行われた。露骨な質問だな。

健康な男性だっていろんな人がいるから、まったく興奮しない人もいる。ただ、4点以下の人は健康な人の場合、30代でも40代でも50代でも25%程度だ。一方、4点以下の透析患者は30代だと35%、40代は56.3%、50代だと66.0%になってしまう。

つまり、性欲は透析患者さんの方が低い。とはいえ、「おいおい、お元気だな」という患者さんもいるようだ。ちなみに俺は5点だと思った。

性欲に関してはまあいい。俺は、どっちかというと「全然やりたくないけど、必要時はいつでもOK」のほうがクールだと感じる。まあ、ムフムフ考えるのも楽しいけれども。「いっつでもやりたいのに、フニャである」という状況の方が嫌だ。

■機能の状況

しかし、調査結果によると機能の方も下がっちゃうようなのだ。ガーン、である。この調査の質問項目も、大胆極まりない。
「セックスをしようとする時またはマスターべーションをする時陰茎が硬くなりますか?」「勃起の持続時間は十分ですか?」をそれぞれ5点満点で聞いている。つまり、2つの質問を合計すると10点になる。10点満点でビンビンレベルを聞いちゃうわけだ。

健康男性のうちビンビンしていない方から25%の人の平均得点は、30代が7点、40代が6.5点、50代が5点、60代が4点くらいだ。透析患者さんは、30代の46.3%が7点以下、40代の63.9%が6.5点以下、50代の71.4%が5点以下、60代の80.6%が4点以下に入るらしい。まあ、でも透析患者さんでも10点という人もいる。

■朝勃ちまで聞く

この研究、すごいのは早朝勃起、つまり朝勃ちまで聞いてしまうところだ。「朝目覚めた時、全く勃起に気づかない」と答えた人は、30代だと健康男性が2.2%に対し透析患者は9.1%。40代だと健康男性が2.3%に対し透析患者は13.6%、50代になると健康男性が3.9%に対し透析患者は37.5%、60代に至っては健康男性が13.4%に対し透析患者は70.6%である。

俺は糖尿病が原疾患だから、そもそもこの調査対象にも入れてもらえないのだが、やはり透析患者の数値の方が「そうであろうな」と安心できる。

■打ち手は、あるかも。

正直、ちょいとがっかりする結果だ。ただし、もうダメなのか、というとそうでもないようだ。

「慢性透析患者におけるインポテンスに関する研究(岡山大学医学部泌尿器科学教室・赤枝輝明、1982年)」、「腎不全患者の内分泌異常特に男子透析患者の性機能障害(京都大学人工腎臓部・澤西謙次、京都大学第2内科・大迫文麿、1982年)」によると、「透析患者のインポテンス発症には、テストステロン分泌低下が重要な因子」とある。

俺は、なーんだ、と思ってしまった。テストステロンなら、なんとかなるかも? テストステロンって年齢で下がっていくものだし。透析患者だけでなく、世の多くの男性が、テストステロンに関心を持っているのではないだろうか。

■終わりに

やる気も機能も透析をしているとちょっと下がり気味。そんなことがわかったものの、まったく対策ができないわけでもない、と思える結果だった。ということで、これから「透析エロス部」では、実際にビンビンバリバリになる対策を研究&実践報告していこうと思う。

参考:男性透析患者の性機能の研究慢性透析患者におけるインポテンスに関する研究腎不全患者の内分泌異常特に男子透析患者の性機能障害
執筆:ニッシー